アンダーヘアの正しい処理方法

【VIO脱毛Dione】敏感肌専門 脱毛サロン ディオーネ

アンダーヘアの処理方法〜自己処理する場合

アンダーヘア

アンダーヘアの処理は欧米では常識、日本でも”アンダーヘアのお手入れ”はだいぶ浸透してきました。

 

ですが、アンダーヘアの処理の仕方がわからないという女性が多いのも事実です。

 

 

 

水着を着たとき、また、彼氏と良い雰囲気になったとき、恥かしくないようにしておきたいもの!

 

どんな処理方法があるか、実際の体験ももとにアンダーヘアのセルフケアについてみていきます。
初めてアンダーヘアの処理をする場合、そもそもどうしたらよいのかまったくわからない人もいるかもしれません。

 

デリケートゾーンまわりはVIOとも言います。

 

Vラインとはいわゆるビキニラインのことで、体の正面から見てアンダーヘアの両サイドを指します。陰部の両サイド粘膜に非常に近い部分がIライン、肛門の周りがOライン。

 

サロンによってはVラインはビキニラインを含めて全面三角形部分を指す場合もあります。
Vラインは自分でも見えやすい位置にあり、自分でも処理がしやすい部分です。

 

Iラインは粘膜が近くにあって非常にデリケートですし、Oラインは自分ではとても見にくい部位、自己処理は難しいでしょう。

お手入れしやすいVライン自己処理のしかた

アンダーヘア

Vラインは比較的自己処理がしやすい部位です。

 

自己処理の方法としては主に、カミソリやシェーバーを使って剃る、または毛抜きを使ってで抜く、除毛クリームやワックス、ヒートカッターや家庭用脱毛器を使うなどがあります。

 

 

 

カミソリは安く手に入るうえに、一度に広い範囲を剃れるので手軽で人気です。
シェーバーもカミソリ同様手軽なので使用する人が多いです。

 

シェーバーはカミソリに比べお値段は多少高くはなりますがが、肌を切ってしまうリスクが少ないし、どこでも使用できるというメリットがあります。

 

いずれも毛が長い場合はあらかじめハサミで短くカットしておくとスムーズです。

 

 

ハサミでカットするだけの場合もあるでしょうが、ハサミでカットしたままですと毛先のチクチク感が残ってしまいます。

 

デリケートゾーンのチクチクはひどいもの、かきむしりたくなります(>_<)

 

 

ワックスや毛抜きを使う場合は、暫く生えてきてもらっては困る時や、伸びてきた時のチクチクを減らしたい時などに使用することが多いです。

 

毛抜きは1本1本を抜いていくので時間はかかるし、痛みも伴います。埋没毛を引き起こす原因にもなります。

 

ワックスや毛抜きで処理をするとその処理する頻度は減りますが、痛みが伴う上に、お肌へのダメージは大きいです。

 

 

ヒートカッターは毛先のチクチク感が少なく使用することができます。
下着や水着から突き抜けにくいということもあり、長さを調整するにはヒートカッターはおすすめできます。

 

 

Iラインの処理は慎重に!!

 

アンダーヘアでもIラインやOラインは自分での処理は非常に難しいです。

 

Iラインは粘膜部分に近いので、処理方法を間違えるとトラブルの原因にもなるので極力やらないことです。

 

 

とってもデリケートなのでIラインを自己処理する場合でも抜いたりしてはいけません!!

 

長さを整える程度にするか、キレイに整える自信のない人ははじめからサロンなどを利用することをおすすめします。長期的な費用対効果は悪くありません。

 

いずれもシャワーの後、体を清潔にしてから行いましょう。

自己処理の注意点!誤った自己処理はトラブルの原因

アンダーヘア

アンダーヘア、正しいケアができているでしょうか。

 

VIOライン周辺はデリケートゾーンと呼ばれている通り、細菌が侵入しやすく、かぶれたり、炎症、感染症を起こしやすいところです。

 

 

肌を傷つけてしまったら治りも遅く、悪化しやすいのでアンダーヘアを自己処理する危険性は知っておいたほうが良いでしょう。

 

カミソリや電気シェーバーを使用する場合、シェービングクリームなどでお肌を保護しても負担があります。毛を剃る時に肌の角質層を一緒に剃ってしまうのです。

 

頻繁にカミソリを使用していると肌の角質層が再生する間もなく、お肌自身の保護機能が低下してしまうので、くすみや敏感肌などの肌トラブルを招きやすい状態になってしまいます。

 

 

また、石鹸やボディーソープを使用して剃っていると滑って肌を切ってしまうことも考えられるので要注意!!

 

デリケートゾーンは、湿気の多い箇所ですから傷口から細菌が侵入し炎症を起こすと痛みや赤み、腫れを招くこともままあります。

 

誤った自己処理は埋没毛の原因にも

ワックス毛抜きやワックスを使用する場合は、毛根から毛を抜いてしまうので毛穴が広がり細菌の侵入口となります。

 

強く引き抜いた時に毛細血管を傷つけ、出血や炎症を引き起こします。

 

 

毛抜きやワックスの自己処理は皮膚を傷つける可能性が高く、また埋没毛の原因にも繋がります。

 

家庭用の脱毛器を使用する場合は、処理後の冷却、脱毛器の使用方法を正しく行ってヤケドやシミの原因を作らないように注意が必要です。

 

 

 

VIO脱毛は興味があるけど恥かしくないの?「Iライン脱毛の範囲・方法は?VIO脱毛のやり方」続きを読む…

 

 

■VIO脱毛料金&キャンペーンまとめ↓↓

名古屋VIO脱毛 

ページの先頭に戻る

関連ページ

デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法!!
デリケートゾーンの黒ずみで悩む女性は多いです。デリケートゾーンは皮膚が薄く、色素沈着を起こしやすい部分、黒ずみは自分だけではありません。メラニンの生成が原因ですが、それは主に刺激によるものです。日々のケアで刺激を軽減して、黒ずみを改善しましょう。
デリケートゾーンは正しいお手入れをして快適に!
デリケートゾーンのお手入れ方法を知らない女性は意外に多いものです。デリケートゾーンは、女性にとってとても大事なところ。正しいお手入れがをして常に清潔に保っておきたいものです。デリケートゾーンとアンダーヘアの正しいお手入れ方法を解説します。
デリケートゾーンの臭いどうしても消えない!?
デリケートゾーンの臭いは、女性に多い悩みのひとつ。特に蒸れる時期や、夏場の不快なにおいに悩む女性は多いです。デリケートゾーンの臭いに気づいている男性も多いという結果も!!デリケートゾーンの臭い2つの原因にアプローチしてニオイケアできるセットがオススメです。

 
HOME リゼクリニック ミュゼ ディオーネ シースリー