はじめてのVIO脱毛

【VIO脱毛Dione】敏感肌専門 脱毛サロン ディオーネ

はじめてのVIO脱毛〜どこまで脱毛するのが良い?

Iライン

アンダーヘアの中でもVラインは、水着を着る場合には処理の欠かせない部位でもあり、自己処理を行う人が多い部分です。

 

またVライン脱毛は脱毛サロンなどでも手軽に脱毛できることもあり,ワキ脱毛と並んで人気の部位です。

 

デリケートゾーンの脱毛箇所で一番主流ともいえるVラインですが、Vラインとはいわゆるビキニラインのこと。

 

下着を履いた状態で真正面から見た時にVの字に見える範囲です。
Iラインとの境目が分かりづらいですが、太ももの付け根辺りが境目です。

 

サロンによってはVラインは、VラインサイドとVラインに分かれる場合もあります。この場合のVラインは前面の三角形部分です。

 

ビキニラインは、自分で見ることができるので日頃から自己処理をしている女性も多いです。
Vラインはアンダーヘア脱毛が初めてでも比較的抵抗なく始めやすい部位、入り口とも言えます。

 

アンダーヘア脱毛はVライン,Iライン,Oラインとありますが、Vラインの場合,生えている範囲の量や長さを整える感覚で始める人が多いです。

 

Vライン脱毛を始めるとき、その後にIラインやOラインの脱毛したいのかどうかも、ある程度考えておくと良いでしょう。

 

Vライン脱毛をするとIラインやOライン脱毛してしまいたいと思うようになる人が多いのです。

ハイジニーナスタイルとは?VIO脱毛は形も様々

ハイジニーナ

VIO脱毛と言ってもやり方は多様。

 

下着に沿った形の逆三角形型や、ハイレグを着用してもはみ出す心配のないIライン型、遊び心のあるハート型や毛を一本も残さない全処理といったものもあります。

 

 

 

最近では芸能人などがハイジニーナと呼ばれる全処理状態にしているといった内容が記事となり、一般の女性にも人気なのはご存知でしょう。

 

 

Vライン程度なら自己処理でも良いでしょうが、好みの形にしたい場合や肌を傷つけないためにも,IラインやOラインは専門のプロに任せるほうが良いでしょう。

 

サロンやクリニックでは、どの程度まで減らしたいかなどカウンセリングした後に、どのように進めていくか提案してくれますし、デリケートゾーンの脱毛の危険性も熟知したプロだから安心。

 

サロンでの脱毛方法は光脱毛が主流です。照射箇所を消毒し、専用ジェルを塗布し光を照射し、保護クリームを付けるといった流れが通常です。

 

Vラインだけなら、数分で終わってしまうのでお買い物ついでにサロンに行くこともできますね。

はじめてのVIO脱毛〜Iライン脱毛って大丈夫?

Iライン

アンダーヘアーの自己処理がめんどくさい、自分ではできない、長持ちしないなど自己処理について悩み始めると同時にVIO脱毛を考え始めるようになる人が多いようです。

 

VIOのラインですが、特にIラインが分かりづらいし、どの範囲までできるのか分かりづらいものです。

 

 

Iラインとは女性の大切な部分の周辺の縦ラインのことを指します。赤ちゃんを産む体勢になって下から覗きこむとIの形に見えますよね。

 

Iラインの脱毛をすると、小さ目の下着からはみ出る毛の心配が無くなるし、生理時のムレ解消にも繋がるなどメリットが多いことから最近では処理を行う女性が増えました。

 

 

専門のエステサロンや医療クリニックなどでIライン脱毛ができます。
サロンでは光脱毛が多く、クリニックでは医療レーザーが多いです。

 

アンダーヘア脱毛などデリケートな部分は痛みを感じやすい部分です。
光脱用よりは医療レーザーのほうがより痛みを感じやすいですが、出力の強度も強いため、医療レーザーのほうが効果は出やすいでしょう。

 

Iラインには粘膜付近にも毛がありますが、粘膜付近は危険なので照射してくれないサロンが多いです。

 

デリケートゾーンは多くの女性が黒ずみで悩んでいます。
自己処理だったり、下着や衣類の擦れが原因となり色素沈着を起こしているのです。

 

 

色素沈着がひどい場合、痛みが強く出ることがあるため出力を上げることができずに、効果が弱まってしまうという可能性があります。

 

色素沈着が酷くなる前にサロンでお手入れをしてもらうのが良いでしょう。

Oライン脱毛って!?やらないほうが恥かしい?

Oラインとは、肛門を中心とした周りのことです。言うまでもないでしょうが、Oの字で表すことができるためそのように呼ばれています。
 

 

Oライン 

 

自分では見ることができない部分なので、毛がどれくらい生えているか分かっていない人が多い部分です。

 

自己処理を行おうと思っても非常に難しいのでキレイに剃るのはほぼ不可能です。

 

Oラインを脱毛しようという人で、始めからその部分を目的でサロンに行く人は非常に稀です。

 

VラインやIラインの脱毛を行った時にまとめて申し込みをしているか、Iラインをやってみたらお尻の方だけ毛が残ってしまっていて気付いたなどの理由が多いです。

 

見た目の問題に限らず、お尻周りの毛が無くなることで、排泄物の付着や湿気、細菌の繁殖を防ぐことができるのでデリケートゾーン全体が衛生的になるというメリットがあるのです!!

 

 

 

 

2017年☆VIO脱毛&全身脱毛ランキング!!

■VIO脱毛料金&キャンペーンまとめ↓↓

名古屋VIO脱毛 

ページの先頭に戻る

関連ページ

Iライン脱毛の範囲・方法は?VIO脱毛のやり方
VIOラインの脱毛のしかたに多くの女性が興味深々、知りたいことがたくさんあるようです。ハイジニーナ脱毛で人気のミュゼを参考にVIO脱毛のしかたをご紹介します。粘膜があってデリケートなIラインや、恥ずかしいOラインの脱毛はどのように行うのでしょう。
Tバックやタンガを履くにはVIO脱毛が必要?
女性の間でTバック人気ですね〜!!慣れると病み付きになってしまうTバック。おしゃれなTバックを履きこなすにはVIO脱毛は必須です。アンダーヘアをすべてなくさない人気の逆三角形などは抵抗もなく入りやすいです。Tバック着用の際はアンダーヘアの処理をしましょうね。
Iラインもすべて処理したいならブラジリアンワックス?
VIOラインでも、特にIラインに興味を持つ女性が多いです。どこまで処理できるのか?痛みは?などなど。脱毛サロンでは粘膜部分の脱毛はできません。ブラジリアンワックスはIライン、粘膜までも処理をすることができます。ただし、痛みは覚悟の上でやりましょう。

 
HOME リゼクリニック ミュゼ ディオーネ シースリー